育児日記 in KOREA

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルモニのお家へ訪問 〜韓国の昔の住居〜

<<   作成日時 : 2007/12/30 18:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

実は先週子供たちのハルモニ(おばあちゃん)のお家へ遊びに行ってきました。
ハラボジ(おじいちゃん)はすでにもう亡くなっているので、現在ハルモニは一人暮らしです。

私も韓国へお嫁に来たときはここで一緒に暮らしたのですが、2年前に立ち退きに遭い、以前住んでいたビラ(アパートのようなところ)へみんなで引越ししました。
しかし1年前、シオモニ(義母)が孫の世話をし続けて腰を痛めてしまい、療養するためにまたここで暮らし始めたのです。現在も腰痛のため通院中です。

立ち退きに遭ったのになぜまた同じところで暮らしているのか?と疑問に思う方もいるでしょう。実は以前ここには平屋が2軒あったのですが、そのうちの1軒を取り壊すことになり、当時暮らしていたシオモニ(義母)、夫、義弟、息子、そして私たちが一緒に暮らしていくことが難しくなったので引越ししたのでした。もちろん立退き料は頂きましたよ。

残った一軒は昔ながらの台所しかなく、ボイラーもありません。
たしかに一人なら暮らしていける広さではあるけれど、
いろいろ不便で冬は寒い!から大変です。

それでもシオモニはここで再び暮らしていくことに決めたのでした。

療養という名目ですが、シアボジ(義父)と長年暮らしてきた愛着のある家だから完全に捨て切れなかったのかもしれません。
しかし嫁である私に遠慮して身を引いたようにも思えます。
同居中はいろいろ意見が合わなくてケンカもたくさんしたので…。

申し訳ありません。


そんなハルモニ(シオモニ)の家なのですが、今住んでいるアパート(高層マンション)から車で5分くらいです。ちなみに以前住んでいたビラからも車で10分くらいでした。

でも近くても最近まで車を持っていなかったので、今まではシオモニが私たちが住んでいる町に用があるときに(通院しているので)うちへ立ち寄るというスタイルでした。

しかし引越しと同時に車をまた購入したので、夫がハルモニ(シオモニ)の家まで連れて行ってくれることになったのです。




画像

これがハルモニのお家。以前は私たち夫婦の部屋でした。
よく見ると扉が大河ドラマなどでよく見かける扉になっています。


画像

軒下では日向ぼっこや夕涼みができます。
韓国の一軒家にはよくあります。
この日は暖かかったので、日向ぼっこができました。


画像

これが昔の台所。
ガスコンロもありますが、真ん中の大きな鍋では薪で火を起こしてから使います。
(ちなみに私は使ったことがありません。)
ここで火を起こすとその熱気で部屋の床が暖まるようです。
つまり旧式のオンドル(韓国の床暖房)スタイルです。
実際は床は少し暖かいけれど、部屋までは暖まりません。


画像

ハルモニと子供たちです。


画像

ハルモニの家の隣に元々あった建物ですが、
2年前改築することになり私たちは立ち退きに遭いました。
我が家は慶州李氏の血を引いていて、
そのご先祖様のための建物だそうです。


画像

普段は門が閉じられ中に入れません。
年に1回祭祀(チェサ/法事のこと)のときに開かれ、
多くの子孫たちが訪れます。


画像

外から撮った中の様子です。
なんだか日本風の様式に見えませんか?


画像

ここが以前家が建っていたところですが、
今では畑になってしまいました。
私はどうなったのかずっと気になっていて、
この日はじめて見ました。
どうやらここでぺチュ(白菜)を育てて、
キムジャン(冬に備えてキムチを漬けること)をしたようです。


画像

子供たちが楽しそうに遊んでいます。
韓国の三輪車は二人乗りなので、仲良く乗れていいです。


画像

ジュースを持って離さない妹のさきちゃん。
お兄ちゃんののぶきくんはカメラを向けても
いい顔をしてくれませんでした。
残念!



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
その他韓国情報満載のブログをお探しの方はこちらへ
にほんブログ村 韓国情報


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お嫁に来た当事のカルチャーショックがどれほど大きかったでしょうか!
カマドを見ると、まんが日本昔話の歌が聞こえてきそうです・・・。
ほおばく
2007/12/30 20:59
私もよく遊びに行ったのでなんだか懐かしいです。見るにはいいけど、実際に暮らすとなると・・・不便だよねぇ〜
それでも2年間、そこで実際生活をしてたのだからすごいわぁ〜
マルコ
2007/12/30 22:46
>ほおばくさんへ
たしかに初めはカルチャーショックがすごかったですね。
でもここからスタートしたから、
これからはどこへ行っても暮らせるようになりました。
jaemiki
2007/12/31 11:26
>マルコさんへ
以前よく遊びに来てくれたから、
その後がどうなったか気になっていると思って記事を書きました。
今思うとよく暮らしたなぁと思うよ。
シオモニはこういうところでずっと暮らしてきたわけだから、頭が下がります。
jaemiki
2007/12/31 11:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

楽天市場

ハルモニのお家へ訪問 〜韓国の昔の住居〜 育児日記 in KOREA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる