育児日記 in KOREA

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語のスパルタ(!?)教育の理由

<<   作成日時 : 2007/11/08 14:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事にも書いたように、夫から突然”今日から子供とたちとの会話は日本語のみ”令を発せられた私ですが、できる限り日本語で話しかけている日々です。

韓国語から覚えてしまった息子のぶきくんには、日本語で話しかけても韓国語で言葉が返ってきてしまうので、私もつい韓国語で返事をしてしまいそうになります。

でも私が話す日本語は少しは理解しているようですが…。

根気よく日本語で話しかけていくしかなさそうです。


反面娘のさきちゃんは2ヶ月間日本で日本語のみの生活をしていたせいか、日本語も聞き取り、韓国へ帰ってきてからも私や夫が話す韓国語を聞き取っているようです。

まだ1歳5ヶ月なので言葉はまだ話せませんが、もしかしたら日本語が先に口から出るかも…なんて思っています。(楽しみ♪)


ところで夫がなぜ突然”日本語で話せ”と言い出したのかというと、どうも理由があったみたいです。

私はただ子供の将来のための教育として、また日本にいる私の両親や妹家族たちとも会話ができるようにするためだと思っていたのですが、そうではありませんでした。

実は


 私の話す韓国語があまりにも訛っているから 


だそうです。

私は標準語を話しているつもりだったのに、夫に言わせて見れば十分に慶尚道サトゥリ(訛り)だとのこと。

あまりにも意外な理由と、私の話す言葉が訛っていると言う事実にちょっとショックでした。

日本では千葉出身だから、もちろん日本語はきれいな標準語。
訛りとは縁がないと思っていたのに、やはり慶尚道サトゥリ(訛り)がひどいところで4年も生活していたら、自然に身についていしまうんですね〜。恐るべし。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 韓国情報



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

楽天市場

日本語のスパルタ(!?)教育の理由 育児日記 in KOREA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる